個人輸入代行のデメリット|ミオナール・ジェネリックを個人輸入代行で賢くゲット!

ミオナール・ジェネリックを個人輸入代行で賢くゲット!

白い薬

個人輸入代行のデメリット

個人輸入代行サイトには多くのメリットがあるということを先ほどのページで説明させて頂きました。
しかし、どんなものであれメリットがあればデメリットがあるものです。
このページでは個人輸入代行サイトのデメリットを紹介していきます。

1.商品を注文してから届くまで時間がかかる
最近は流通インフラが整備されてきたこともあり、当日発送で当日着や翌日着は珍しくありません。
注文から2〜3日で商品が届くのが当たり前となってきています。

しかし、個人輸入代行サイトは海外から日本に向けて発送され、発送国から出る時と日本に入るときで二回の税関も通過しなくてはいけません。
そのため、どのサイトを利用しても2〜3日で届くことはありません。
早くても7日くらいはかかると思っていた方がいいでしょう。
長い時は14日くらい見ていてもいいでしょう。

このように届くまでに時間がかかるので、すぐに必要という場合は病院などにいったほうがいいかもしれません。

2.支払い方式が少ない
こちらも海外が発送拠点であること、返品などが難しいことから支払い方法が普通の通販サイトと比べると少ないことが多く、前払いであるサイトが大半だと思います。
最近は通販でも後払いが利用できるようになってきていますが、個人輸入代行サイトは後払いはもちろん、代金引換に対応していません。
余計なトラブルを避けるために入金があった場合のみ現地へ発送手続きを依頼する、といった流れの個人輸入代行サイトが多いと感じます。
支払い方式もクレジットカードが銀行振込のみという所も少なくありません。
基本的にはこの二種類があれば十分とは思いますが、代引じゃないとダメという方は注意しましょう。